ローン 銀行

そろそろ結婚をしたいと思ったら、銀行のローンが役に立ちました

最近、友人の結婚式に招待されることが増えてきて、気が付けば結婚していないのが自分の周りには自分を含めて2人になっていた。さすがにそろそろ身を固めた方が良いかと思い、付き合っている彼女にプロポーズをしようかと考えていると貯金があまりないことが判明。

もともとお金があるとすぐに使ってしまう性格なので、給料が出るとあっという間になくなってしまう。しかし、結婚するとなると指輪を買ってプロポーズをして彼女の希望があれば結婚式までする必要が出てくるのだろう。一体、結婚する人たちはこの費用をどうしているのだろうと疑問になった。

そこで、友人達はこの費用をどうやって賄ったのか結婚した友人にさっそく聞いてみることにした。事前に貯金をしたり、ローンを組んだり、かかる費用を節約したりいろいろな方法がある事を教えてもらった。ちなみに友人は節約と、貯金、それでも足りない分はローンを組んだと言っていた。指輪は給料の3か月分とは言わないけど、やっぱりそれなりにお金が必要な事も分かった。そこで買わなくても良いものは買いたくないので指輪は無くても良いモノか友人の奥さんにさりげなく聞いてみたら「やっぱり、指輪をもらって薬指に付けてもらえた時に最高に幸せを感じた」と言われ、女性にとって指輪は大切なもので買う必要があるものだと判明。

指輪の費用をどうしたものかと悩んでいる時に、いつも利用している銀行のインターネットバンキングのサイトを見ていると銀行にもフリーローンがあることを知った。今まで調べていた消費者金融に比べて金利が低く、繰り上げ返済という方法もあるので、ボーナス月にまとめて返済すると、そこまで金利が掛からないのではないかと考え、それに友人の提案の中にもローンがあったことも後押しして銀行からお金を借りることを決意。

銀行のローンは審査が厳しいと口コミ情報で書かれていたが、初めて借り入れを行った自分には該当しなかったようで、問題なく審査に無事通ることができた。

おかげで借入希望額を借りることもでき、さっそく次の休みには彼女の指輪を買いに行った。そして彼女の好きそうなお店を予約して指輪と一緒にプロポーズをすることもできた。OKの返事ももらえて今は彼女の希望があったので結婚式を計画中。もちろんその費用も算段中。もしかしたら、足りない分は指輪同様ローンを借りることになるのかも。それでも毎月計画的に返済をしていけば問題ないので銀行のローンは便利なものだと実感した。

貸付金をお願いするときの担保とはどういうもの?

貸付金っていうのは利息をもらってお金を貸すということなんですが、貸付金をお願いするときには担保が必要な場合があります。貸す側もタダで貸すなんて気前のいいことばかり言ってられませんからね。確かに、もし返済できなかったら…というときのことを考えて担保をとるということもあるでしょう。でもこの担保、実際どのようなものがあるかって知っていますか?

担保とは簡単に言えば返済できなかったときにはお金の代わりに土地や建物をお金を貸してくれたところに渡すということですね。お金ではなく、担保を回収することで売却等で換金して返済扱いにするんです。

では、どのようなものが担保として認められるのでしょうか。預金・有価証券・土地や建物の不動産・ゴルフ会員権などが代表的なもので、自動車や貴金属も担保としてい認められる場合がありますね。借りた金額の分だけ価値があるものということですから、まずは土地や建物といった不動産を担保として抑えることが多いようです。

担保があれば万が一返済できなくなっても大丈夫、なんて軽く考えてしまうかもしれませんが、担保としているのはあなたにとって大切な財産であるものばかりです。それらを全て失うというのは好ましいものではありませんから、担保があるからと安心せずに、しっかりと返済していくようにしましょう。

担保を取られてしまわないように、貸付金をお願いするときには計画的な借り入れと返済を行うようにしたいものですね。

ローンの組み方は1つじゃない!あなたに合うものを探しましょう

ローンを申し込むのは色々な状況が考えられます。家を買う時はもちろん、車を買うときだってローンを申込みますよね。ローンって車を買うときのローンだけでも、実はいろいろな組み方があるんですよ。

車を買う時のローンはどのようなものがあるのでしょうか。まず、販売店で契約するローンがあります。販売店で契約するために審査に通りやすいというメリットはありますが、実は金利が高めだというデメリットもあるんですよ。

他には銀行などの金融機関で申し込むローンもありますね。何よりも金利の低さが魅力的なんですが、その分審査に通るのが難しく、比較的時間がかかってしまうというデメリットがあります。ただ、金融機関でローンを申込んだ場合、きちんと返済すれば他のローンを申込んだときに審査に通りやすくなる傾向がありますから、他にもローンを考えているのであれば金融機関ローンはオススメですね。ただ、万が一返済できなくなってしまった、延滞してしまったときには、他のローン申込みの審査に通りにくくなってしまいますから注意が必要です。

最近は車を使う分だけお金を支払う、という残価設定ローンというローンも出てきました。3年や5年など期間を決めて車に乗ることにして、その時点での車の価値を予測して、その金額を車の値段から引いて購入するというものです。比較的安い金額で車に購入できるメリットがあります。ただ、これは車の乗り方によっては、思っていたより車が傷んでいる、という状況も起こり得ますよね。その場合は、追加の費用を支払わなければいけない可能性がありますから注意が必要ですよ。

ローンの組み方は申し込む先によっていろいろあります。あなたにとってどのローンが良いのか、よく考えて選ぶようにしましょう。

確定申告でローンは関係あるの?

ローンって申し込んで実際にお金を借りることができたら、あとは完済目指してひたすら返済し続けるだけですよね。借りたものは返す、当然のことですが、借りた金額によっては何十年と付き合わなければいけないローン。そんなローンですが、確定申告とも関わりがあるって知ってますか?

確定申告と関わりがあるローンは住宅ローンです。住宅ローンって数千万円ものお金を借りることになりますから、住宅購入は人生の中で最も大きな買い物になるという人がほとんどではないでしょうか。金額が大きいからこそ、何かお金が返ってくる、といった情報は逃さないようにしたいですよね。ある一定の条件を満たすことで、所得税や住民税が戻ってくることがあるんですよ!それが住宅ローン控除といって、確定申告が重要になってくるんです。

住宅ローン控除は、ローン残高の1%が最大10年間、所得税や住民税から控除されるというものです。つまり、3000万円のローン残高があれば1%の30万円が最大10年間、合計300万円もの控除が受けられるということになります。しかし、このようなお得な制度を利用するためには、やはり控除を受けるためには条件があるものです。

住宅を購入した時期や、新築・中古・リフォームなどで条件が異なってきますが、大まかに言えば、住宅ローンの返済期間が10年以上で年収3000万円以下であれば住宅ローン控除を受けることができる場合が多いです。住宅ローン控除を受けるには、必ず確定申告をしなければいけません。

普段は会社が年末調整をしてくれている、という人も、住宅ローン控除を申し込むには1度確定申告を行わなければいけません。ローンの残高証明書や住宅の購入契約書、源泉徴収票や住民票などの書類を添付して確定申告を行えば、次年度からは年末調整で自動的に住宅ローン控除してもらえます。

必要な書類も購入した住宅の種類で異なりますから、何が必要なのかは事前に確認しておきましょう。また、自営業の人は1年目だけではなく、毎年の確定申告が必要ですから注意して下さい。

確定申告は毎年決まった時期に行われます。2月中旬~3月中旬が確定申告時期ですから、この時期に済ませられるように準備しましょう。住宅ローン控除は確定申告後すぐに返金されるわけではありません。住民税・所得税の確定が5月頃ですから、それ以降になります。返金先の口座について連絡を求める書類が郵送されてきますから、忘れずに提出するようにして下さいね。

別荘向けのローンってあるの?特徴を教えて!

住宅を新しく購入するときには住宅ローンを申込みますよね。なかなか自己資金だけで住宅を購入するなんて人はいないでしょうから、誰もが利用する可能性があるのが住宅ローンです。住宅ローンの申込条件としては、居住すること、という条件があるというのをご存知でしょうか。

住宅ローンはそこで生活することを条件としてお金を貸してくれるものです。つまり、普段住む予定がない、たまにしか利用しない、そういった場合は住宅ローンの対象外となって申し込みをしても審査に通らない場合があります。でも別荘などは普段住むところではないですから住宅ローンが申し込めないと困りますよね。別荘は自己資金だけで購入、なんていうことは簡単にはできないものです。

そういう人のために別荘向けのローンとしてセカンドハウスローンというものがあります。セカンドハウスローンは普段居住しなくても申し込みが出来るローンで、35年という長期払いでも対応しているものもあります。ただ、セカンドハウスローンは住宅ローンより申し込み条件が厳しいものが多いようです。

まず、年収としては500万円以上は必要という条件があります。セカンドハウスを持つことを考えている人が現在住宅ローンの返済をしているというケースが少なくないため、年収はできるだけ多い方が審査には通りやすいようです。また、同じような理由で金利も高めになっていますから、セカンドハウス購入を検討するときには本当に返済できるかどうか、購入できるかどうかをじっくり検討する必要があります。

セカンドハウスローンでも団信に加入することを条件としているものが多いですから、健康条件も見られます。団信に加入できなければ利用できない、ということになりますから、健康状態には注意しておきましょう。

公務員だと何か違う?貸し出しの特徴について教えて!

貸し出しについては職業によって有利不利が目に見える形であるものではありません。申し込む際の条件に職業条件が記載しているわけでもありませんし、優遇が記載されているわけでもありませんよね。しかし、そうは言っても、やはり安心できる職業の場合は審査に通りやすくなる、といったことがないとも言えません。公務員は安定した職業の代表ですから、公務員であれば貸し出しの審査に通りやすくなるという傾向はどうしてもあるようです。

では、公務員への貸し出しで何か他と違うことがあるのでしょうか。また、何か違うとしたらどのような特徴があるのでしょうか。公務員が普通の銀行から貸し出しをしてもらうことで優遇されることがあるとすれば、その銀行の優遇金利を受けることが出来る可能性が高いということぐらいでしょうか。銀行は申し込んだ人を審査することで金利を決定することがありますが、公務員であれば貸し倒れリスクが低いということで金利を優遇してもらいやすくあるとは言えます。しかし、これは確実なものではありませんから、公務員だからということでもありません。

しかし、公務員だからこそ使える貸し出しもあります。それが共済を利用するということです。公務員の人が利用できる共済組合貸付は、保証料が不要、融資の手数料も無料というメリットがある上に、金利上限が4.26%とものすごくお得な貸し出しになっています。しかし、メリットばかりというわけではありません。上限が4.26%と低めになっているとはいえ、4%の金利は結構な金額になりますよね。共済組合の貸し出しは固定金利ではなく変動金利ですから、この4%を超える金利になる可能性が十分に考えられますし、超えたからと言って何か優遇措置がされるということではありませんからしっかりと4%金利を支払わなければならないのです。

共済組合からの貸し出しも、今の低金利の中であれば特に魅力があるということでもないかもしれませんから、銀行からの貸し出しでの優遇金利キャンペーンなどと比較して自分に合った貸し出しを申し込むようにしてみてくださいね。

融資の歴史ってどういうもの?

融資って今では身近なものになっていますよね。会社でも個人でもなくてはならない存在です。融資ってお金を借りる、ということですが、融資を受けるには担保や保証人が必要な場合があったり、両方ともいらなかったり、申し込む種類によって条件もいろいろです。融資の歴史ってどういうものなのでしょうか。

日本で融資のようなことが行われるようになったものとしては、日本書紀に記載されているものがあります。日本書記だなんてずいぶん昔ですよね。この時代は、お金を貸す、借りるということではなくて、農作物を借りるということだったようです。農作物を借りて、それに利子をつけて返す、まさしく融資の原型ですね。

少し時代が進んで貨幣の流通が一般的になってくると、ようやく金銭の貸し借りが出てきます。このときの貨幣は、日本で製造しているのはもちろんですが、中国からの輸入もあったんですよ。そして、お寺が高金利でお金を貸す土倉が見られるようになりました。無担保ということで魅力はあったんでしょうけど、高金利だったということで借りた方は大変だったようです。室間時代になるころには、きちんとルールが定められるようになっていったとされています。

そして江戸時代、このころになると現在の銀行のような機能が出てきます。それが両替商と呼ばれるものです。小判や金銀の両替はもちろん、為替や預金などの機能も持っていたというのは驚きです。現在でも残っている質屋も江戸時代に出来たとされています。

融資は、今と形は違ってもかなり昔から人々の身近にあったんですね。これからもニーズに合わせた形で私たちの身近にあり続けていくのではないでしょうか。

同時申し込みは危険!?貸付を申し込むときには気をつけて!

どうしてもお金が足りなくて貸付をお願いしたい、という状況になった時、もちろん貸付をお願いするときには申し込みを行う必要がありますよね。でもこの申し込み、ちょっと気をつけないと知らないうちにブラックリストに載っちゃうことがあるって知ってますか?

ブラックリストって、貸付の申し込みが出来なくなる危険者・要注意人物リストっていうイメージがありますが、実際ブラックリストというリストは存在しません。貸付やクレジットカードを申し込んだときに、全員の情報が信用情報として登録されているのですが、その信用情報への登録の中で、延滞や自己破産などの問題があったときにはその情報が事故情報という形で登録されます。この事故情報が登録されると、新たなクレジットカード申し込みや貸付の申し込みのときに「あ、この人は事故情報が載っているから信用できないかもしれない」と思われてしまうので、審査に通りにくくなってしまうのです。

この信用情報の事故情報、実は貸付の申し込みだけで載ってしまうこともあるので、知らなければ気づかないうちに自分で信用情報に傷をつけてしまっているかもしれません。延滞や自己破産などは注意していれば避けられることかもしれませんが、申し込みだけで事故情報が登録されてしまうなんて知らなければ避けられませんからね。

申し込みで事故情報が登録されるのは、一度に複数の貸付に申し込みをした場合です。一度に3社以上を同時申し込みした場合、この人はよっぽどお金に困っている人だ、と判断されてしまうためですね。実際はそういうことはなくても、やはり貸付を複数申込むということで信用に欠けるという判断をされるのも分からない話ではありません。気づかないうちに事故情報が登録されないよう、貸付を申し込む際には同時申し込みしないよう気をつけるようにしましょう。

ローンを申込むならココが重要!変動金利と固定金利ってどう違うの?

ローンを申し込むとき、金額が大きくなる住宅ローンだと金利条件を選択することができます。固定金利と変動金利から選ぶ場合が多いかと思いますが、固定金利と変動金利はどのような違いがあるのでしょうか。

まず固定金利というのは、金利が固定されているということです。つまり、最初の契約時の金利を完済まで支払うことになります。固定金利の良いところは、金利が変わらないので最終的にいくら支払うことになるかということがはっきりする点ですね。しかし、現在の固定金利は変動金利よりも高い金利設定になっていますから、目先だけでいけば得した気がしないとも言えます。

変動金利は金利が変動するというものです。3ヶ月、半年、1年など特定のタイミングで金利が見直され、それが反映されるということになりますから、金利が下がることもありますし上がることもあります。今は固定金利よりも低い変動金利ですが、インフレに進むと考えられますから長期ローンを申し込むとなると、将来的に固定金利の金利を大きく上回る可能性は十分に考えられます。金利の動向が見えないという不安材料を抱えているんですね。

固定金利と変動金利、どちらにもメリット・デメリットがありますから、一概にどちらが良いかとは断言できません。ここでもう一つの選択肢を紹介したいと思います。それがミックス型です。ミックス型は、3000万円のローンであれば2000万円固定金利、1000万円変動金利という申し込みが可能というものです。ミックス型は全てのローンで取り扱われているわけではありませんから確認が必要ですが、固定金利・変動金利双方のメリット・デメリットをうまく使うことができる方法だと言えます。

また、固定金利は35年ローンであれば35年固定という申し込みをすることになりますが、10年固定にしてその後見直しをする、という申し込みが可能なものもあります。金利は長い年数になればものすごく大きな金額になりますから、甘く考えずにしっかりと検討するようにしてください。

ローンを組めるのは日本人だけじゃない!外国人も申し込めますよ

ローンには色々ありますが、ちょっとお金を借りたいっていうときに便利なのはカードローンですよね。カードローンって「これに使わなきゃいけない」って制限がないので、飲み会代が足りない、旅行行きたいのに資金がない、試験代が払えない、なんていうときにも利用できるんです。給料日前でどうしてもお金が足りないなぁっていうときに、ちょっと借りることができれば本当に助かりますよね。

カードローンの申し込み、日本人は普通に申し込むことができますが、外国人がどうなるかって知らないですよね。外国人でも申し込んで利用することってできるんでしょうか?

カードローンの申し込みに、日本人であることを条件としているものはありません。つまり、外国人でも申し込むことはできるんです。ただ、外国人がまったく同じ条件で申し込むことができるかというと、そうではないようです。

日本人がカードローンを申し込むときには身分証明書だけで申し込めますが、外国人はそういうわけにはいきません。外国人が他にも書類を必要とするのにはきちんと理由があるんですよ。

まず、外国人の方がどのくらいの期間日本に滞在しているかも重要です。いつ自国へ帰ってしまうか、戻ってしまうか分からない場合、国外での取り立ては困難を極めますから、申し込みに対して慎重になるのも仕方がないと思われます。

では外国人が必要な書類は何があるのでしょうか。永住権があれば永住権、あとは外国人登録証明書ですね。特に発行が大変だという書類でもないですから、カードローン申し込みのハードルはそこまで高くないと言えます。しかし、実際利用できるかどうかは、申し込むカードローン会社の基準によりますから、まず申し込んでみて様子を伺っても良いのではないでしょうか。

貸付金の種類ってどういうものがあるの?

お金を借りる貸付金ですが、もちろん借りる人はいろいろな用途で借りることになると思います。お金が必要になる要因は人それぞれです。貸付金にはどんな種類があるのでしょうか。

貸付金でよく知られているのは、金額が大きい住宅ローン、自動車ローンがありますが、他にもいろいろな種類があります。結婚式費用目的のブライダルローン、別荘購入目的のセカンドハウスローン、教育資金目的の教育ローン、出産子育て目的のレディースローン…。本当にたくさんの種類があるんですね。

これだけの種類がありますから、それぞれの目的に合ったローンは見つかるかと思います。ただ、目的別ローンはその目的のためにお金を借りて利用するということで金利がお得になっていますが、利用目的に制限があるという意味で融通がきかないとも言えます。

目的別ローンは、その目的で利用すると約束していますから、その目的以外で利用することができません。特に罰則が決まっているわけではありませんが、もし露呈してしまったときには貸付金の即時全額返済、なんていうことも考えられます。目的別ローンを申し込むときには注意するようにしましょう。

目的別ローンでの制限が億劫に感じるような場合は、利用目的が制限されないカードローンをオススメします。金利は高めになりますが、何に利用しても良いということなので使い勝手はかなり良いと思います。また、カードローンは限度額内であれば、好きなときに好きな金額を引き出せるという便利さも魅力です。どのような目的で貸付金を利用したいのかによって使い分けるようにするのが良いですね。