確定申告でローンは関係あるの?

確定申告でローンは関係あるの?

ローンって申し込んで実際にお金を借りることができたら、あとは完済目指してひたすら返済し続けるだけですよね。借りたものは返す、当然のことですが、借りた金額によっては何十年と付き合わなければいけないローン。そんなローンですが、確定申告とも関わりがあるって知ってますか?

確定申告と関わりがあるローンは住宅ローンです。住宅ローンって数千万円ものお金を借りることになりますから、住宅購入は人生の中で最も大きな買い物になるという人がほとんどではないでしょうか。金額が大きいからこそ、何かお金が返ってくる、といった情報は逃さないようにしたいですよね。ある一定の条件を満たすことで、所得税や住民税が戻ってくることがあるんですよ!それが住宅ローン控除といって、確定申告が重要になってくるんです。

住宅ローン控除は、ローン残高の1%が最大10年間、所得税や住民税から控除されるというものです。つまり、3000万円のローン残高があれば1%の30万円が最大10年間、合計300万円もの控除が受けられるということになります。しかし、このようなお得な制度を利用するためには、やはり控除を受けるためには条件があるものです。

住宅を購入した時期や、新築・中古・リフォームなどで条件が異なってきますが、大まかに言えば、住宅ローンの返済期間が10年以上で年収3000万円以下であれば住宅ローン控除を受けることができる場合が多いです。住宅ローン控除を受けるには、必ず確定申告をしなければいけません。

普段は会社が年末調整をしてくれている、という人も、住宅ローン控除を申し込むには1度確定申告を行わなければいけません。ローンの残高証明書や住宅の購入契約書、源泉徴収票や住民票などの書類を添付して確定申告を行えば、次年度からは年末調整で自動的に住宅ローン控除してもらえます。

必要な書類も購入した住宅の種類で異なりますから、何が必要なのかは事前に確認しておきましょう。また、自営業の人は1年目だけではなく、毎年の確定申告が必要ですから注意して下さい。

確定申告は毎年決まった時期に行われます。2月中旬~3月中旬が確定申告時期ですから、この時期に済ませられるように準備しましょう。住宅ローン控除は確定申告後すぐに返金されるわけではありません。住民税・所得税の確定が5月頃ですから、それ以降になります。返金先の口座について連絡を求める書類が郵送されてきますから、忘れずに提出するようにして下さいね。