安易な名義貸しは命取りになることから

気をつけよう!キャッシングでの「名義貸し」はあなたの負債と同じ!

「名義貸し」とは、一般的には、有資格者が必要な事業で無資格の経営者が有資格者に協力を求めてすることを言います。この使い方の他にも、キャッシングを自分自身の名前で無く、友人や知人の名前でする場合に「名義貸し」と言います。この場合、余程の信頼関係と覚悟が無ければ、どんなに頼まれたとしても、断った方が賢明です。安易に応じてしまうことは、その後の人生にも大きなマイナスの影響を与えてしまうことにもなりかねないからです。

どんな契約においても、契約書類に書かれた名前の人が、その契約における全責任を負うことになるからです。「名義貸し」を頼んでくるということはその人が、自分の名前で借りられない何らかの事情があるはずです。その事情が多重債務によるものかもしれません。「名義貸し」を頼まれた相手がその返済に支障をきたせば、全責任はあなたが負わなくてはならないのです。そういうこともよく考えて依頼に応じるかどうかについては、慎重に判断しなければ危険です。

「名義貸し」を依頼した人が「必ず、自分が返済していくから。」と約束したとしても先のことは誰にもわかりません。いつ何時、どんなことが起きるかわからないのです。事故や病気、天災など考えたらきりがありません。突然、思いもよらない事態に陥らないとも限らないのです。そうした事態になった時、「あいつのためならば自分が全て引き受けてやる!」と覚悟を持てますか?そんなふうに思える相手で無ければ、「名義貸し」など引き受けるべきではないのてす。