離婚…財産分与に貸付金って関係する?

離婚が決まった…財産分与に貸付金ってどう関係するの?

離婚するというのは結婚するよりも労力を使う、なんてことを聞いたことはありませんか?結婚するときには、お互いに0からのスタートをすることが可能ですから、結婚してからお互いの財産を築いていけば良いんですけど、離婚するときには今まで2人で築いてきたものを分けなければいけません。これが大変!誰がどの分を取るか、つまり財産分与をどうするかについては、一番揉めるところでもあり、しっかりしておかなければいけないところでもあります。財産があれば良いのですが、反対に貸付金があった場合には財産分与はどうなるのでしょうか。

離婚する際にどちらかが有責だといろいろ違ってくるのですが、一般的な考え方を紹介しますね。まず、資産がある場合の財産分与を例に挙げてみます。例えば、結婚後の預貯金が1000万円あった場合、財産分与は半分ずつの500万円ずつを夫婦で持つことになります。これは分かりやすいですよね。

では資産はもちろんですがそこに貸付金がある場合はどうなるのでしょうか。貸付金が500万円ある場合、実際の資産としては預貯金が1000万円-500万円で500万円の資産が手元に残ることになります。ですから、残った500万円を夫婦で割るということで、250万円の財産分与となるわけです。

しかし、持ち家があるとまた状況が変わってきます。持ち家について売却する場合、特に貸付金がなければ売却額を分割すれば財産分与成立です。売却しない場合は、持ち家の資産価値の半額を家を出ていく側に渡すことで財産分与となります。

では、貸付金がある場合はどうなるのでしょうか。貸付金がある場合、持ち家を売却したときにはその売却金額で貸付金の返済を行うことになると思います。手元にお金が残れば、それを半分にして財産分与となりますが、万が一家を売却してもマイナスになる場合、貸付金が大きい場合ですね。その場合は、貸付金は実際にお金を借りた人が全額背負うことになるんです。

言い方を変えてみましょう。貸付金が夫のものだとします。家を売却した金額や預貯金よりも貸付金の方が多く、負債を抱えているような状況にある時には、妻は財産分与なしということになり、債務は全て夫が背負うことになるのです。売却しても足りなかった負債を夫婦で割るということは必要ないのです。

財産分与は離婚する夫婦の状況によっても異なりますから一概には言えませんが、基本的な考えとして知っておくと良いと思いますよ。