ローンとリースの違いを教えて!

ローンとリースの違いを教えて!

ローンとリース、似たような言葉ですが同じということはありません。確かに違いがるんです。では、ローンとリースはどのような違いがあるのでしょうか。

まずローンです。ローンは何かを買う時にお金を借りて購入し、借りたお金を毎月返済していくというものですね。大きな金額では車のローンや家のローンがあるでしょうか。購入した時点で購入者の持ち物となりますし、返済が終わってもそれは変わりません。

ではリースはどうでしょうか。リースは簡単に言えばレンタルと同じ意味合いです。つまり、一定期間そのものをレンタルして、レンタル期間はレンタル料を支払います。そして期間が過ぎれば返却するということになりますから、所有者はあくまでも貸している側であって、借りた側の持ち物にはなりません。

つまり、ローンは購入者の持ち物になるけどリースは期間が過ぎれば返さなければならないという違いがあるんですね。ローンとリース、どちらを選択した方が良いかについては、何をどのくらいの期間りようするかということによって異なります。もちろん、家はローンを組んで購入すべきものですが、車であればリース契約を結ぶという選択肢も当然出てきます。期間が決まっていて、その期間のリース料と購入した場合のローン金額を比較して、得な方を選択するというのが良いでしょう。

リース契約については、細かい決まりがあることがほとんどです。壊れた場合の修繕についての取り決めや保証なども契約に記載されていますから、そこもきちんと理解して納得したうえで申し込まなければいけません。知りませんでした、聞いていませんでした、と言っても契約書に記載されていれば責任を問われることになりますから、そこは注意するようにしてくださいね。