どうしても行き詰った時の対処法として

「任意整理」を御存知ですか?ローン返済が苦しくなってしまったら

長引く不況で、キャッシングなどを重ね、多重債務に陥る人が増えたこともあって、「任意整理」、「自己破産」という言葉も良く耳にするようになりましたね。心ならずも、多額の負債を抱えてしまった時にはいくつかの救済方法があります。民事再生手続き、民事調停、自己破産がその方法として知られています。「任意整理」はこのうちの民事調停にあたります。裁判所などの公的機関を通さず、司法書士や弁護士と業者の話し合いによって、支払いの折り合いをつけていく方法です。話し合いは代理人である司法書士、弁護士が業者と直接するので、依頼者が業者と顔を合わすことはありません。

任意整理は自己破産とは違って、官報に載ったりしないので、第3者に知られることはありません。代理人である司法書士や弁護士が返済の約束を業者としたうえで、おおむね3年をめどに返済計画を立てていきます。また、利息制限法前の利用であれば、過払い金が戻ってくることもあり、最近では、自己破産よりも任意整理を選ぶ人が増えています。自己破産をしてしまうと、社会的にどうしても不利になることが多いですが、任意整理ではそのようなことがありません。返済に行き詰った時には検討してみる価値のある方法です。

ローンやキャッシングはしないにこしたことはありませんが、住居や自家用車などの大きな買い物や事業展開のために必要なこともありますね。誰でもローンを組んだりすることはあると思います。が、充分に気をつけていないと、金銭感覚が麻痺してしまって、うまく管理ができなくなってしまうこともあります。「自分のお金」と「他人のお金」の区別がだんだんつかなくなってきてしまうのです。そうすると、安易にキャッシングに頼る生活になりがちで、簡単に多重債務に陥ってしまいます。いったん、多重債務になるとそこから抜け出すのはとても大変です。もし、多重債務に陥ったことがわかったら、できるだけ早い時点でしかるべき相談機関で相談することです。そうすれば、任意整理など具体的な解決方法の相談にのってもらえるので安心です。