遺産にはプラスもあればマイナスも!相続にはチェックが必要!

遺産相続にはいろんなトラブルがつきものですね。遺言状などを残して亡くなられたならいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないのが実際のところではないでしょうか?そういう時のためにも、日頃から正しい知識を持っていることが相続問題のトラブル回避にもつながることでしょう。相続にはプラスのものもあれば、マイナスのものもあるのは御存知ですね。そのため、残された遺産がどんなものであるかチェックすることが大切です。そうでないと大きな負債を抱えてしまい、後々、後悔することにもなってしまいます。

もし、負債があることが明らかになった場合には、相続放棄の手続きをすれば大丈夫です。この手続きは家庭裁判所に申請することで完了します。ただし、申請できる期間が決められています。相続の開始を知ってから、3ヶ月以内、と決められています。この期間が過ぎてしまうと手続きができないので注意が必要です。また、いったん、申請をして相続放棄が認められると、そのあとから多額の遺産が見つかっても権利を放棄したことになるので相続の対象にはならなりません。充分な調査をして、慎重に手続きをするようにしてください。相続放棄しても「死亡保険金」は受け取れます。

その他にも、相続に関しては様々なトラブルがあります。分割の仕方、不動産の相続登記、相続税の問題などなど。こうした様々な問題に対して、相談できる、税理士、不動産鑑定士、司法書士など相続に関するプロの相談機関も組織されています。もし、トラブルを抱えてお困りなら、こうした相談機関を積極的に利用されてはどうでしょう?

閉じる